弁護士費用

弁護士費用は、いくらかかるかわからない、とのご心配はご無用です。
当事務所では、最初のご面談時には、法律相談料以外の費用は、いっさいかかりません。お医者様でいう「初診料」とお考え下さい。ご相談が、1回で終わらなければ、2回目以降のご相談について、別に相談料(再診料)をいただきます。

ご相談の結果、どのような対応をすればよいかは、ご相談内容によってさまざまです。
さらに、検査をした方がよい場合(特別な調査が必要)、薬を処方して様子をみればよい場合(簡単な文書を作成してお渡しする)、外科的処置をした方がよい場合(弁護士が代理人として交渉をお引き受けする)、手術が必要な場合(調停や訴訟、破産・再生等の倒産手続きの申立など、裁判所関係の手続きが必要)など。

どの場合にも、どれだけの作業をいくらでするか、費用見積りをご呈示し、ご説明いたします。
以下には、典型的なケースの弁護士費用の目安(報酬標準額)を記します。 個別のケースの料金については、お気軽にお尋ね下さい。

弁護士費用立替制度のご案内はこちら

  • 法律相談料

    事業者以外の個人の生活に関わるご相談は30分5,250円(税込)です。
    事業に関わるご相談については、専門分野・担当弁護士によって異なりますのでお尋ね下さい。

  • 法的文書の作成代行手数料

    ご要望を聴き取って、法的に有効な文書を作成する場合の料金の目安です。

  • 交渉・訴訟など「成功・不成功」「勝敗」がある事件に関する費用

    その事件の「経済的利益」の価格を基準として
    成功不成功にかかわらず、事件をお引き受けした際にいただく「着手金」
    成功の程度に応じていただく「報酬金」とを申し受けます。

  • 時間制

    ご希望により、定額制、着手金・成功報酬制ではなく、かかった時間に応じてご請求するタイムチャージ制をご利用いただけます。事件の価格は大きいけれども、早期に解決が見込めるケースでは、こちらがお勧めです。詳細はご相談下さい。

  • 債務整理・倒産事件

    案件の類型によって異なります。まずはご相談下さい。